阪神・青柳、タイトル総ナメ宣言 今季2冠、7000万円増の1・2億円更改も止まらぬ野望

サンスポ
今季、最多勝と最高勝率に輝いた青柳。来季はタイトル総ナメを目指す
今季、最多勝と最高勝率に輝いた青柳。来季はタイトル総ナメを目指す

目標は9冠!! 阪神・青柳晃洋投手(28)が20日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万円増の年俸1億2000万円でサインした(金額は推定)。今季は最多勝(13勝)と最高勝率(・684)のタイトルを獲得したが、「取れるものは全部取りたい」と貪欲。オリックス・山本由伸投手(23)のようにタイトル総ナメを目指す。

年俸5000万円から一気に大台を突破しても、まだまだ上を目指す。来季の開幕投手を狙う覚悟の表れ。青柳は背筋をピーンと伸ばした。

「最大限の評価してもらえたと思うので、満足です。でも(球団には)最高点にならないように『来年も、しっかり頑張っていきます』という話をしました」

今季は25試合に登板して13勝6敗、防御率2・48。プロ6年目で初のタイトルとなる最多勝と最高勝率に輝き、7000万円増の年俸1億2000万円という大幅昇給を勝ち取った。リーグ2冠は立派。それでも、来季のタイトル獲得への意気込みを問われた右腕は、真剣な表情で宣言した。

「取れる範囲のものは全部取りたい。今年は由伸(オリックス・山本)が取っているので。(周囲からは)『何を言ってんだ』と思われるかもしれないが、物理的に無理じゃない。先発投手である限り、取れるものは全部取りたい」

今季、山本は最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の主要タイトルのほか、MVPや沢村賞など9冠を達成。ポストシーズンも含めて16連勝を飾り、日本のエースに成長した。山本のようにタイトルを総ナメにする-。さらなる向上へ、青柳が課題を挙げた。

「全体的なレベルアップは必要。今年は右(打者)に打たれた印象が強いが、抑えることができると思うので、ダメだった部分を少しでも減らせるようにしたい」

初めて規定投球回に到達した2019年は左打者への被打率・332に対して右打者は・同193。昨季は左・288、右・193。今季は苦手な左を・241と抑えたが、昨年まで相性のよかった右には・243だった。まずは右打者に打たれた原因を究明し、来年の春季キャンプでは内角をえぐる新たな球種にも挑戦するつもりだ。

「13勝をクリアできたので、次は15勝を目標にしたい。開幕投手は一度経験してみたいとずっと思っている。そこに向けては一番近い目標かな」

改めて15勝&開幕投手を誓った。タイトル総ナメは夢ではない。有言実行してみせる。(三木建次)