ハンマー襲撃の男に懲役12年 富山地裁判決

産経ニュース
富山地裁
富山地裁

富山県砺波市の温泉施設で客3人をハンマーで殴ったとして、殺人未遂罪に問われた住所不定、無職、松井健太郎被告(34)の裁判員裁判判決で、富山地裁は21日、懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

細野高広裁判長は判決理由で、将来に不安を感じて自暴自棄となり、強い力で頭や胸を攻撃、人が死ぬ危険性を認識していたと指摘。その上で、無防備な状態の3人を襲った無差別犯行と判断した。

判決などによると、令和元年6月25日夜、温泉施設の休憩所で男性の頭などをハンマーで複数回殴り、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせたほか、別の男性2人も襲い、けがをさせた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表