W杯隔年開催の議論、FIFAが継続 実現なら5000億円増収も

産経ニュース
国際サッカー連盟(FIFA)のロゴ(ロイター)
国際サッカー連盟(FIFA)のロゴ(ロイター)

国際サッカー連盟(FIFA)は20日、ワールドカップ(W杯)を2年に1度開催する案について討議する会合を開き、インファンティノ会長は「サッカー界にとって正しい結論を出すためであれば時間がかかってもいい。まだ何も決まっていないし、柔軟に考えたい」と今後も議論を継続することを明らかにした。

4年に1度の男女W杯を隔年開催とした場合に、最初の4年サイクルで44億ドル(約5000億円)の増収を見込めるとの調査結果を発表した。211加盟協会への平均配分金が現在の600万ドルから最大2500万ドルに増える可能性も報告された。

改革案には欧州や南米連盟などが反対している。インファンティノ会長は「もし明日(加盟協会が)投票したら賛成多数になるだろう」との見解を示したが、年明け以降も各大陸連盟などと協議を続ける方針で、来年3月の総会で決議するかどうかは未定とした。(共同)

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」