ソフト嘉弥真は新たに2年契約 2千万円増の1億6千万円

産経ニュース

ソフトバンクの嘉弥真新也投手が20日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、2千万円増の年俸1億6千万円プラス出来高払いで新たに2年契約を結んだ。58試合に登板した今季、防御率4・71と精彩を欠き「来年はこの悔しさをぶつける。最優秀中継ぎ賞を取りたい」と意欲を燃やした。

岩崎翔投手は現状維持の6800万円。後半戦の投球に悔いを残したといい「守りに入ってしまった。上を目指していきたい」と雪辱を誓った。

前回保留した板東湧梧投手は、1200万円増の2700万円でサイン。先発に挑戦する来季へ「枠を勝ち取って10勝したい」と意気込んだ。39試合の出場にとどまった上林誠知外野手は、1千万円減の4350万円で更改した。(金額は推定)