すっぽり覆われた姿も観光名所化した大観音像

産経ニュース
足場が組まれ解体作業が進む「世界平和大観音像」=12月14日午後、兵庫県淡路市(本社ヘリから、永田直也撮影)
足場が組まれ解体作業が進む「世界平和大観音像」=12月14日午後、兵庫県淡路市(本社ヘリから、永田直也撮影)

淡路島のランドマーク的な存在だった「世界平和大観音像」(兵庫県淡路市)の解体工事が着々と進められている。老朽化で壁の一部が落下するなど危険性が高いとして、所有者の国が解体に乗り出した。12月中旬時点で胸元辺りまで足場で囲われ、現場周辺では白いモルタル外壁を削る音が響く。予定では来年6月に解体され、巨大観音像が姿を消すことになる。

解体費用は8億8千万円

観音像は5階建ての台座ビルの上にあり、高さ約100メートル。大阪湾に面した国道28号沿いの高台に建っており、とにかく目立つ。淡路島を訪れたことがある人は一度は目にしたことだろう。晴れた日には遠く離れたところからでも白くそびえる観音像が見える。淡路市の男性職員は学生時代、本州からやってきた友人に「白い観音像」を目印に道案内したといい、「地元住民にとってはランドマーク」と語る。

その観音像が、いまは〝負の遺産〟となっている。

淡路市などによると、昭和57年にオープン。大阪で事業に成功した地元出身の男性が観光施設として建設した。男性は63年に死去、相続した遺族も平成18年に亡くなり、残る遺族は相続を放棄した。施設は閉鎖された。

オープン当初は多くの観光客が訪れ、一時的に地域ににぎわいをもたらしたが、閉鎖後は廃虚と化していった。外壁の一部に穴が開くなど危険な状態となる中、平成23年に大阪家裁が相続財産管理人を選定して整理を進め、昨年3月に国の所有に。解体工事は大阪市の建設会社が落札した。契約金額は8億8千万円だ。

来年6月までに解体

財務省近畿財務局などによると、来年1月中旬ごろには観音像本体のすべてが足場で覆われた状態になり、6月ごろまでに本体を解体する。その後、台座ビルの解体撤去を進め、令和5年2月の完了を目指すとしている。

解体工事のため足場が組まれた「世界平和大観音像」=12月6日、兵庫県淡路市

具体的な解体方法としてはまず、観音像の外側に足場を組み立て、下部から上部に向かって外壁を少しずつ削り取る。現在はこの工程を進めている段階で、作業する部分には足場の周囲にメッシュシートを張って粉塵(ふんじん)の飛散や音漏れを抑制している。

削り取った外壁は旧エレベーター跡の空間を活用して下に落としていく。外壁がなくなった部分は鉄骨がむき出しになった状態で、この鉄骨は外壁の撤去が終了した後に上部から切断し、クレーンで地上までつり降ろす予定だ。

「屋外へ出ると結構な騒音。台座の解体工事が始まれば振動も予想されるが、解体完了までの我慢」と語るのは、観音像の近くでレストランを営む庄司功さん(71)。観音像とほぼ同時期に店をオープンさせ、「間もないころは多くの観光客が訪れた」と懐かしむ。

お宝「一切なし」

そもそも、観音像はどんな施設だったのか。訪れたことがあるという市民らの記憶によると、エレベーターで昇った上部から大阪湾が一望できた▽クラシックカーや鎧兜(よろいかぶと)が展示されていた▽大きな水晶玉があった-など。

解体工事が行われる前の「世界平和大観音像」=令和2年4月、兵庫県淡路市

このため、一部の市民の間で廃虚となった観音像に珍しい車などが残されているといった〝お宝伝説〟が語られたそうだが、閉鎖後に立ち入ったことがある同市の門康彦市長がそれを完全否定する。

「お宝は一切なし。ごみが散乱した、ただの廃虚だった」

勝手に人が出入りしていた形跡があり、事故や火災の発生が懸念されたとして、市は平成23年、入り口を封鎖し、防護ネットを張るといった安全対策を実施したという。

観音像の近くに住む男性は「倒壊したら危険なので早く撤去してほしいという思いと、当たり前のように存在したものがなくなることへのさびしさも感じる」と心情を吐露する。一方で観音像解体の報道を受け、足場で囲われた観音像を一目見ようとやってくる見物客の姿もみられ、新たな観光地にもなっている。

市によると、国が所有する土地は観音像周辺も含め計約1万9千平方メートル。跡地利用について、市は国や地元住民らと協議を進めるとしている。(勝田康三)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」