慶大、わずか1Tで8強!終了直前…同点=敗退の危機“凌いだ” 「準備してきた」リターンパス炸裂/大学選手権

サンスポ
ダイビングしてトライを決める山田。慶大は接戦を制し、2年連続の8強入りを決めた(撮影・福島範和)
ダイビングしてトライを決める山田。慶大は接戦を制し、2年連続の8強入りを決めた(撮影・福島範和)

全国大学選手権(18日、近大10-13慶大、秩父宮)慶大(関東対抗戦4位)は近大(関西2位)に13-10、同大(関西4位)は大東大(関東リーグ戦3位)に31-29で競り勝ち、日大(関東リーグ戦2位)は日体大(関東対抗戦5位)を41-22で破った。

80分の終了を知らせるホーンが鳴った直後、逆転勝利を狙う近大のパスがスローフォワード。ノーサイドの笛に、黒黄ジャージーの慶大フィフティーンは躍り上がって喜んだ。

「大学選手権で勝てれば、チームが変わると信じていた」

HO原田衛主将(4年)はしみじみ話した。3勝4敗で4位だった対抗戦では、終盤に明大、早大、帝京大と3連敗。10月23日の立大戦以降、2カ月も白星がなく、今月4日の帝京大戦後、4年生が集まりミーティング。原田は「メンタル面など確実に変わった」と言い切った。

後半 トライを決め、歓喜する山田響(左)ら慶大の選手たち=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
後半 トライを決め、歓喜する山田響(左)ら慶大の選手たち=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)

3―0の後半3分、試合を動かすビッグプレーが生まれた。ラックから左でパスを受けたFL今野勇久(3年)が、内側のスペースに走り込んできたFB山田響(2年)に意表を突くリターンパス。こちらも立大戦以来となる今季4トライ目を決めた山田は「準備してきたプレー。対抗戦では止められていたが、やるならここだと思った」としてやったりだ。

3点差の終了寸前、近大が自陣からの中央51メートルPGを狙った。決まって同点のまま終われば規定で、トライ数1-2で近大に軍配が上がる。「入るなと念じていた」(原田)思いが伝わったか、キックは届かなかった。

2大会連続の8強入りで、26日の準々決勝(熊谷)はリーグ戦を制した東海大と当たる。「さらに上に向かうために準備したい」と栗原徹監督(43)。くしくもこの日、栗原監督が指導者としてのあり方の教えを受け、11月に86歳で亡くなった日比野弘・早大元監督の納骨が行われた。難敵を倒し、8大会ぶりの4強へ、タイガー軍団はさらに牙をとがらせる。(田中浩)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」