虎のソナタ

あれ?ビッグボス甲子園凱旋が…OP戦はなし、交流戦まで先送り

サンスポ
子供たちの前でティー打撃を披露する中野。一緒に写真を撮ったり、大人気だった(撮影・水島啓輔)
子供たちの前でティー打撃を披露する中野。一緒に写真を撮ったり、大人気だった(撮影・水島啓輔)

言葉もない。大阪・北区のビル火災。わがサンケイスポーツ旧社屋のすぐ近く。大好きだった(?)北新地の歓楽街の入り口付近でもある。何度も前を通った場所が、こんな大惨事に見舞われるなんて。

北新地にも長らく行っていない。新型コロナの蔓延以降、最も足が遠のいた場所の1つだ。

考えてみると、コロナ禍により、ニッポン国中〝ご無沙汰〟の場所だらけになっている。仕事柄、若いころからあちこち飛び回ってきた。が、昨シーズンから球場での取材記者の人数制限が行われ、トラ番キャップ・長友孝輔以下、精鋭は球場に送り込まれるが、精鋭ではない「虎のソナタ」取材班は真っ先に入場者リストから外れている。東京ドームなんて丸2年近く、行ってない。

毎年12月、来シーズンの日程が発表されると、「ふ~ん、阪神は来年、○○に行くのか。おいしい▽▽でも食うか」なんて能天気に思い巡らせていた。この時期だけの一瞬の幸せだ。実際は、行った先では深夜まで死ぬほど働かされ、仕事が終わるころには、おいしい食事のお店なんて閉店を迎えているのだが。そんなオフの恒例行事とも、コロナのせいですっかりご無沙汰している。

と思っていたら、昨日は来春のオープン戦日程が発表されていた。眺めるキャップ長友の表情がみるみる曇っていく。

「甲子園での日本ハム戦はいつになるかな、と楽しみにしていたんです。毎年、必ず行われるじゃないですか。来年はビッグボス新庄監督の甲子園凱旋になるわけですから、その日の原稿はすんなり決まってくれると期待していたんです」

常に先を読むトラ番キャップならではの思考回路だ。だが、その構想はもろくも崩壊した。行われないのだ。甲子園での日本ハム戦が。

「これで、ビッグボスの凱旋は交流戦まで先送りが決定です」

アテが外れるのは記者の常。諦めなさい。

「はい。ただ、すごく極端なオープン戦日程です。キャンプが終わって、例年なら3月初旬はペイペイドームだったのですが、ずっと甲子園に居座っての8試合です」

確かに不思議な日程になっている。経験則で言わせてもらえれば、3月上旬の甲子園〝滞在〟はつらいゾ。ホームグラウンドだ、ジックリ練習できるとアドバンテージを強調するのは選手の話。取材する側は、極寒の甲子園に震えながら仕事をしなければいけない。念のため、解説しておきます。甲子園の記者席は〝屋外〟にありますので。

オープン戦日程を眺めて、さらなる発見が。関東地区へも行かない。極端に西日本ばかり。コロナのご時世を配慮して、移動距離を可能な限り減らした結果なのだろう。

そんな〝日程ばなし〟に長友と花を咲かせているところに、トラ番最年少・織原祥平が電話してきた。伊藤将、中野ら若手の人気者たちが西宮市内でのゲストティーチャーで奮闘したことを伝えてきた。

「やっぱり中野選手の人気が圧倒的で。伊藤将投手は女の子にモテモテで…」

織原よ、オープン戦の日程を見たか?

「まだ見てません。どこか、楽しい土地に行けますかね」

今は夢を見ていなさいい。来春、最も過酷な任務を命じられるのは、一番年下で元気な君ですから。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張