勝負師たちの系譜

棋士の実力示す指標 「順位戦」と「竜王戦」ランク付けの意味 通算成績も

zakzak

棋士は様々な棋戦を毎年戦いながら、誰が強いかのランク付けを繰り返している。

ランク付けの最たるものは、8つあるタイトルを誰が持っているかということで、これは誰が見てもわかりやすい。

現在は竜王、王位、叡王、棋聖を持つ藤井聡太四冠が1位。次は名人、棋王、王将の渡辺明三冠が2位。そして永瀬拓矢王座と、この3人だけがタイトルを持っている。

タイトル以外のランク付けだと、A級からC級2組まで5クラスある順位戦。1組から6組までの6クラスある、竜王戦の組がある。

A級(定員10人)と1組(同16人)が最も格上で、両方最高ランクにいる棋士が、タイトル保持者以外ではランクが高い棋士と言える。

現在それに該当するのが、豊島将之九段、羽生善治九段、佐藤天彦九段、糸谷哲郎八段、山崎隆之八段の5人だけ(タイトル保持者を除く)で、この5人はほとんどがタイトル経験者である。

ただし順位戦と竜王戦のクラスが、大きく違う棋士が何人かいる。その差が最も大きいのが、私の弟子でもある八代弥七段だ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」