ザ・ドリフターズ初参加一問一答

加藤茶「やっぱり、みんなと一緒だといいね」

サンスポ
テレビ東京系「第54回年忘れにっぽんの歌」に出演する左からザ・ドリフターズの仲本工事、加藤茶、高木ブー(C)テレビ東京
テレビ東京系「第54回年忘れにっぽんの歌」に出演する左からザ・ドリフターズの仲本工事、加藤茶、高木ブー(C)テレビ東京

スペシャルゲストで初の全員集合! 31日放送のテレビ東京系6時間歌謡特番「第54回年忘れにっぽんの歌」(後4・0)の収録が15、16日の2日間にわたり東京・中野サンプラザで行われ、ザ・ドリフターズの加藤茶(78)、仲本工事(80)、高木ブー(88)がグループとして初参加した。

--「年忘れ-」に参加した感想は

加藤「ドリフでは5人そろって出たこともない。やっぱり、みんなと一緒だといいね。(1985年まで放送された)TBSの『8時だョ!全員集合』で共演した人もたくさん出ているので、なつかしかったです」

仲本「ブータン(高木)は今回、出演者の中で最高齢。これからはどこへ出ても、最高齢と言われることが多くなるだろうね(笑)。とにかく僕らの元気な姿を見てもらえばいい。ぜひ、たくさんの人に楽しんでもらいたい」

高木「僕らも見てほしいけど、出演者がたくさん出るからね。それぞれ(視聴者の)好きな人が出るだろうし、こんなぜいたくなことはないよね」

--ももクロとは今年、ニコニコ生放送で月に1回、ライブ配信もしてますね

加藤 「ももクロちゃんたちはみんな、苦労もしているせいか、えらぶったところがない。明るくて、気遣いもすごい」

仲本「本当に、いい子たちだよね」

高木「高城れにちゃんは僕と同じ『たかぎ』のせいか、すごく面倒を見てくれるんだよねえ」

「年忘れ-」の司会は徳光和夫(80)、竹下景子(68)、中山秀征(54)。担当の星俊一プロデューサー(45)は「今年もコロナ禍でコンサートやカラオケなどで、音楽が制限を受けることが数多くありました。その大みそか。素晴らしい歌手の皆さんの1年の思いを込めた熱唱を視聴者の皆さまにお届けできると思います」とコメントした。