EUで出席者レベル調整 仏大統領、北京五輪めぐり

産経ニュース
マクロン仏大統領(ロイター)
マクロン仏大統領(ロイター)

フランスのマクロン大統領は17日、米英などが決めた北京冬季五輪の外交ボイコットに絡み、欧州連合(EU)での調整により「(政府関係者の)出席者のレベル」を決めることになるとの考えを示した。ブリュッセルで開かれたEU首脳会議後の記者会見で述べた。EUの外交ボイコットの可能性はなくなったとみられる。

フランスは2024年パリ夏季五輪の開催国。マクロン氏は当初から外交ボイコットの効果に疑問を示す発言をする一方、EUでの対応調整を主張した。会見で「意味と効果のある(選手を派遣しないという)ボイコットを決めた国はない」と指摘した。

13日のEU外相理事会に出席した各国外相は、外交ボイコットに慎重な姿勢を相次いで示した。(共同)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者