深谷第一の監督(謹慎3か月)など高校7件、大学は1件/学生野球協会審査室会議

サンスポ

日本学生野球協会は17日、審査室会議を行い、深谷第一(埼玉)の監督が不適切指導で謹慎3か月、浜松商(静岡)の監督が部内暴力と報告義務違反で謹慎2か月、三沢商(青森)の部長と監督が中学生の練習参加規程違反で謹慎6か月など高校7件で処分が出た。また、大学では流通科学大(神戸、阪神連盟)の副部長が部費の私的流用で1年間の謹慎処分となった。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」