営業収入は過去最高 バスケ男子、Bリーグ経営開示

産経ニュース

バスケットボール男子のBリーグは16日、2020年度の1部(B1)、2部(B2)全36クラブの経営情報を開示し、営業収入の合計は19年度より7・9%増加し、過去最高の241億7500万円となった。

新型コロナウイルス流行の影響でチケット収入は11・5%減ったが、スポンサー収入が10・3%増の約140億円と好調。千葉Jは約13億円のスポンサー収入もあり、リーグで初めて営業収入が20億円を超えた。島田慎二チェアマンは「厳しい状況に置かれても、スポンサーに支えられたシーズンだった」と話した。

赤字クラブは過去最多だった19年度から5減の計17。債務超過はB1の宇都宮、横浜BC、新潟、B2の山形、福島、東京Z、西宮、奈良、香川、愛媛の10クラブだった。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」