改憲勢力が分科会設置要求 立民は抵抗 衆院憲法審

産経ニュース
衆院選後、初の自由討議を行った衆院憲法審査会=16日午前、国会内(矢島康弘撮影)
衆院選後、初の自由討議を行った衆院憲法審査会=16日午前、国会内(矢島康弘撮影)

衆院憲法審査会は16日、今国会初となる自由討議などを行い、各党が憲法改正に関する意見を表明した。自民党と公明党、日本維新の会、国民民主党は改憲論議を具体化させるため、個別のテーマごとに分科会を設置するよう求めたが、立憲民主党は抵抗する構えをみせた。

国民民主の玉木雄一郎代表は憲法審で「議論すべき具体的な論点が複数ある中、絞った議論も必要不可欠だ。国会議員の意見発表会で終わらせないためにも分科会方式などを検討すべきだ」と提案した。

自民党の新藤義孝与党筆頭理事は「建設的な提案だ」と歓迎した。公明党の国重徹氏も「自由討議は議論が拡散して言いっ放しの放談会に終わってしまう懸念もある。議論の的を絞っていくことも極めて重要だ」と賛意を示した。

維新の足立康史氏も「議論の出口を決めずにだらだらと会議を積み重ねている組織は国会だけだ」と述べ、分科会方式を早期に導入するよう求めた。

一方、立民の奥野総一郎野党筆頭幹事は慎重な姿勢を崩さなかった。「分科会をやる段階で一定の価値観が入る。自由討議を中心にしていくべきだ。まずは国民投票法の改正についてきちんと詰めていくことではないか」と反論した。

今後、分科会設置の有無は自民と立民で協議する。ただ、立民関係者は記者団に「ダメだ。強引にやるとこちらも固くなる。そういうことはしない方が結局は早く進む」と牽制した。

憲法改正をめぐっては、来年の通常国会で改憲案作成に向けた議論がどこまで進むかが焦点となる。維新の松井一郎代表(大阪市長)は今月16日、記者団に改憲の賛否を問う国民投票を来年夏の参院選と同日に行うよう重ねて求めた。「世論の関心も高まり参院選の投票率も上がる」とも訴えた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  3. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病