目からウロコ 眼科治療の新常識と非常識

眼帯 片目を使わないと「廃用」で成長に遅れ 今は抗生物質で治療、ほぼ使わない 

zakzak

いま本当に眼帯が必要なのは、手術直後や眼球破裂などの重症患者くらいです。

そもそも眼帯はガーゼを当てているだけで、ガーゼに薬品が沁み込んでいるわけではありません。「アベノマスク」を考えても、ガーゼで感染予防ができるわけがないことは一目瞭然。本来「両目」で見ることで正しい視野が確保できる仕組みなのに、その片方を意図的に塞げば、視野が欠けて危険が増すだけです。

子どもに眼帯は不要、大人も眼科医の指示がない限り眼帯はしない―。そんな「いまの常識」をぜひ覚えておいてください。(構成・長田昭二) =あすにつづく

■平松類(ひらまつ・るい) 二本松眼科病院副院長。2005年、昭和大学医学部卒業後、同大医学部眼科入局。同大学病院や関連病院に勤務ののち、18年から現職。昭和大学兼任講師。医学博士。YouTube「眼科医平松類チャンネル」を毎日発信中。


  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走