目からウロコ 眼科治療の新常識と非常識

眼帯 片目を使わないと「廃用」で成長に遅れ 今は抗生物質で治療、ほぼ使わない 

zakzak
一般的な眼科治療で眼帯が必要とされるケースは、ほぼ無くなった
一般的な眼科治療で眼帯が必要とされるケースは、ほぼ無くなった

目に疾患を負っていることの証しとしてわかりやすいアイテムと言えば「眼帯」。しかし最近、眼帯をしている人はいない。たまに見かけるとしてもコスプレかファッション目的で、治療目的ではない。なぜなら治療で眼帯を使うことは、ほぼなくなったからだ。

昔は常識だったことがいまは非常識になることは、医学の世界でもある。眼科専門医・平松類氏と「眼帯」の栄枯盛衰を考える。

小学生の頃、クラスで眼帯をしてくる子どもがいると、それだけのことで話題をさらいました。当人もまんざらでもない気分に浸れたものです。

「いたわってもらえる立場」を鮮明に示し、しかもマスクより希少性がある―という意味で、眼帯は子どもたちにとって憧れの医療用具でした。

眼帯は本来、感染予防や、目を休めることを目的として装着するもの。昔は麦粒腫(ものもらい)や結膜炎で眼科を受診すると、当たり前のように眼帯が処方されていました。感染症が多く、抗生物質の無かった時代、それは当然の処置でした。特に子どもはクラミジアに感染して失明するリスクが多かったので、「目を洗って眼帯」が治療のスタンダードだったのです。