阪神・近本&マルテがベストナイン初受賞 近本「来年、再来年と続けて選んでいただける選手に」

サンスポ
マルテとともにベストナインに選出された近本。阪神の選手としては6年ぶりだった
マルテとともにベストナインに選出された近本。阪神の選手としては6年ぶりだった

セ、パ両リーグのベストナインが14日に発表され、阪神からは近本光司外野手(27)と一塁手でジェフリー・マルテ内野手(30)が選ばれた。虎戦士が選ばれるのは2015年の福留(現中日)、鳥谷(前ロッテ)以来6年ぶり。最優秀選手(MVP)と最優秀新人は15日のNPBアワーズで発表される。

黄金期への足がかりとなる初受賞だ。阪神からは6年ぶりとなるベストナインに近本とマルテが名を連ねた。走攻守すべてで虎をけん引した近本が、喜びのコメントを寄せつつ背筋を伸ばした。

「初めてベストナインに選んでいただき本当にうれしいですし、光栄です。これを励みに走攻守すべての面でレベルアップして、来年、再来年と続けて選んでいただけるような選手になれるように頑張ります」

自身初の3割超えとなる打率・313、初の2桁10本塁打に自己最多50打点。初の打撃タイトルとなる最多安打(178安打)もつかんだ。守りでも初めてゴールデングラブ賞に輝いたばかり。これで今オフは3冠目となった。

2月の沖縄・宜野座キャンプで、選手会長として手締めのあいさつした際に「今年からは黄金期に入ります」と宣言。過渡期にあった虎は2015年に福留(現中日)が外野手として名を連ねて以来、ベストナインとは縁がなかったが、近本が流れを変えた。そして1、3番を形成したマルテも一塁手で初受賞だ。

「いつも全力で共に戦ってきた仲間やスタッフ、そして応援してくれるファンのみなさんのおかげで獲れた賞だと思う。支えてくれるすべての方々に心から感謝しています。ラパンパラ!」

M砲は、すっかり定着したパフォーマンスで喜びを表現した。投手では青柳が、柳(中日)と17票差の2位だった。遊撃では中野が最多7度目の受賞となった坂本(巨人)を36票差まで追い詰める2位だった。近本とマルテが、虎の時代はもうすぐそこだということを示してくれた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者