首相、独と関係強化確認 核軍縮、安全保障で協力

産経ニュース
岸田首相=13日午後、首相官邸
岸田首相=13日午後、首相官邸

岸田文雄首相は14日、新たに就任したドイツのショルツ首相と初めて電話会談し、連立政権発足と首相就任に祝意を伝えた。安全保障分野を含め、両国関係を強化する方針で一致した。核軍縮・不拡散分野での協力も申し合わせた。

両氏は中国や北朝鮮への対応で連携を確認。4月にテレビ会議方式で実施した初の外務・防衛閣僚会合(2プラス2)などを踏まえ、安保協力を深化させる。先進7カ国(G7)の枠組みで緊密に協力する方針でも合意した。

ショルツ氏は、政界を引退したメルケル前首相の後任として今月8日に就任した。