ポトマック通信

贈り物の悩み

産経ニュース

米国人にとってクリスマスは家族や親戚、友人などがプレゼントを贈り合い、親愛の情を確かめる日。ツリーの下に積んだ贈り物をクリスマス当日に開け、あれこれ論評しながら盛り上がる。ホームドラマなどでもおなじみのシーンだ。

プレゼントというのはチョイスが難しい。相手に気に入ってもらえるか。同じものを持ってやしないか。そんな心配から、驚いたことに近年はプレゼントにレシートを同封する人も多いと聞く。不要なら返品できるようにとの配慮だ。

とはいえ、金額があまりに生々しく伝わってしまっては、かえって気まずくなりかねない。というわけで最近は、価格非表示の「ギフト用レシート」を発行する店も増えているとか。

ネット上でユーザーが知恵を出し合うサイトでは、「どのくらい親しい人ならレシートを入れてもOKか」とか「気持ちがちゃんと伝わるか心配」といったことを真剣に議論しているのが多く見つかる。

米調査会社ギャラップの予測によれば、米国での今年のクリスマスギフト支出は、新型コロナウイルス禍やインフレの進行にもかかわらず、成人1人当たり約10万円と例年並みに旺盛だという。多くの人が頭を悩ませつつ贈り合いの文化を息づかせていることが、この国の活力源になっている。(大内清)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表