トヨタEVで大逆襲! 欧米、中韓メーカー撃破へ4兆円投資 豊田社長「選択肢に優先順位を決めるのではなく、全て一生懸命やる」

zakzak
ズラリと並んだEVを背に戦略を説明する豊田社長=14日
ズラリと並んだEVを背に戦略を説明する豊田社長=14日

トヨタ自動車が電気自動車(EV)で本気を見せた。2030年の世界販売目標を350万台へ大幅に引き上げ、同年までに4兆円規模を投資、EVを従来計画の2倍の30車種に拡大する。欧米や中韓メーカーを一気に抜き去る狙いだ。

これまでEVに慎重との見方もあったトヨタだが、豊田章男社長は「これでも前向きじゃない会社と言われるなら、どうすれば前向きな会社と評価いただけるのか」と強調した。

EVでは米テスラが昨年の年間販売台数が約50万台を記録するなど成長を続けている。ドイツのフォルクスワーゲンは30年に世界販売の5割をEVにする計画で、現状の販売台数で計算すると約500万台となる。中国や韓国メーカーもEVに注力している。

EVには電池生産や充電のために莫大(ばくだい)な電力量が必要となることに加え、部品点数が減ることから国内産業の雇用が失われるなど多くの問題があり、トヨタは現状ではハイブリッド車(HV)が最適解としてきた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」