米国務長官、対ミャンマー追加制裁を示唆 マレーシア訪問で

産経ニュース
14日、マレーシアのクアラルンプールの空港に到着したブリンケン米国務長官(ロイター=共同)
14日、マレーシアのクアラルンプールの空港に到着したブリンケン米国務長官(ロイター=共同)

【シンガポール=森浩】東南アジアを歴訪中のブリンケン米国務長官は15日、訪問先のマレーシアでサイフディン外相らと会談した。ブリンケン氏は会談後の記者会見で、国軍がクーデターで実権を握ったミャンマー情勢について「国を民主的な軌道に戻すため、どんな追加措置を取り得るかを検討することが重要だ」と述べ、バイデン政権として追加制裁を実施する可能性を示した。

両氏は会談で、ミャンマー情勢や南シナ海問題に加え、バイデン大統領が提唱したインド太平洋地域の新たな経済枠組みについて協議した。また、経済やサイバーを含む総合的な安全保障協力を一層深めることで一致したとしている。

米国は既にミャンマー国軍幹部や国軍系企業に制裁を発動している。ブリンケン氏は「(市民の弾圧などの)状況は悪化している」と批判し、国軍への圧力強化の重要性を訴えた。

また、東南アジア諸国連合(ASEAN)について「インド太平洋地域にとって不可欠だ」と強調。南シナ海については「すべての紛争は平和的に、国際法に従って解決されるべきだ」と述べ、中国の海洋進出を牽制(けんせい)した。

サイフディン氏はミャンマー情勢について「ASEANは解決策を見つけるために柔軟でなければならない」と述べた。

ブリンケン氏はマレーシアに続きタイを訪問する。