日本を守る

台湾・ウクライナ有事が連動、岸田政権に「複合危機」 欧米諸国がロシア軍に対応している間、手薄になるアジア太平洋

zakzak
中国とロシアの海軍艦隊は、衆院選中の10月、日本列島をほぼ一周する軍事的威圧を強行した(ロシア国防省提供、ロイター)
中国とロシアの海軍艦隊は、衆院選中の10月、日本列島をほぼ一周する軍事的威圧を強行した(ロシア国防省提供、ロイター)
その他の写真を見る (1/4枚)

英国で開催されたG7(先進7カ国)外相会合では、東アジアで軍事的覇権拡大を進める中国や、ウクライナ侵攻が懸念されるロシアに対し、自制を求める議長声明やG7外相声明が発表された。中露の海軍艦隊は10月、日本列島をほぼ一周する合同演習を実施したうえ、両軍の爆撃機が11月、日本周辺を飛行する特異な行動を続けている。「ウクライナ侵攻と台湾有事が連動する」という分析もある。岸田文雄政権と、ジョー・バイデン米政権、台湾の蔡英文政権は、複数の危機が同時多発的に発生する「複合危機」にどう対峙(たいじ)するのか。外交評論家の加瀬英明氏が考察した。

この2カ月の間、中国とロシアのミサイル駆逐艦や、両国の爆撃機などが腕を組んで、日本列島のすぐわきをかすめて飛行・航行した。

一体、「中国龍」と「ロシア熊」は何を目論(もくろ)んでいるのだろうか? 龍は熊の耳もとに何を囁(ささや)いていたのだろう。

日本と米国、英国、ドイツ、フランス、オランダ、オーストラリア、インドなどの海軍が、中国に対抗してインド洋から極東までの自由航行を守るために、頻繁に共同訓練を行っている。それに張り合って、龍が熊を誘ったのだろうか?

中国の習近平主席の大きな夢は、台湾を〝回収(統一)〟することだ。台湾さえ占領できれば、「5000年の偉大な中華文明の復興」をやりとげて、目障(めざわ)りな日本をはじめとしてアジアを支配することができる。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も

  5. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」