デュエット計画!!森健「青春ソングがいいね」&幸子「歌番組に出ましょうよ」

サンスポ
ニッポン放送「森田健作 青春の勲章はくじけない心 増刊号」に出演する左から小林幸子、森田健作=東京・有楽町
ニッポン放送「森田健作 青春の勲章はくじけない心 増刊号」に出演する左から小林幸子、森田健作=東京・有楽町

前千葉県知事で俳優、森田健作(71)と歌手、小林幸子(68)が14日、東京・有楽町のニッポン放送で30日放送の同局特番「森田健作 青春の勲章はくじけない心 増刊号」(前11・0)の収録を行った。

本番前にパーソナリティーを務める森田健作(71)と幸子が取材に対応。1964年に10歳で歌手デビューした幸子は15、16歳の頃、森田と同じサンミュージックに所属していた秘話を明かし、「それから数年後、森田さんは青春スターですよ」と同事務所第1号タレントしてスター街道を駆け上がった先輩の活躍を振り返った。

一方、森田は当時の幸子について「美空ひばりさんの歌がうまいという印象」と昔から才能を認めていたと絶賛した。

現在も第一線で活躍する同世代の2人は近年、ラジオなどで共演。幸子が「歌番組に出ましょうよ」と初デュエットを提案すると、1971年発売の名曲「さらば涙と言おう」の大ヒット曲を持つ森田は「青春ソングがいいね」と満面の笑み。〝ラスボス〟の愛称でも親しまれる歌姫が「私は青春のボス役?」とさっそくパートの割り振りを仕切ると、森田も「俺は青春の巨匠で」とユニットデビューにノリノリだった。

収録には森田の友人で俳優、京本政樹(62)も参加。幸子は来年1月2、9、16日放送のNACK5「森田健作 青春もぎたて朝一番!」(日曜前5・30)にも出演する。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も