広島・鈴木誠也がセパ最多得票で6年連続ベストナイン受賞

サンスポ
広島・鈴木
広島・鈴木

広島・鈴木誠也外野手(27)が14日、セ・パ両リーグ最多の296票を集め6年連続6度目のベストナインを受賞した。球団で6年連続の受賞は山本浩二の8年連続(1977─84年)以来2人目の快挙となった。

球団を通じ「初めてベストナインを取ったときからまさか自分がという気持ちだった。プロに入ってこういう賞をいただけると思っていなかったので、ましてや6年連続いただけることを光栄に思います」とコメントを寄せた。

今季は5月に新型コロナウイルス感染、6月にはワクチン接種の副反応で離脱したが、2年ぶりの首位打者(打率・317)と最高出塁率(・433)のタイトルを獲得し、自己最多38本塁打を放った。さらに今月2日には3年連続5度目の三井ゴールデン・グラブ賞に輝くなど攻守で高い評価を受ける。

「ファンの皆さんが球場へ足を運んでくださって、たくさんの声援をくれるので、それに応えようと必死にやった結果。皆さんに感謝している」 熱い言葉をつづった鯉の主砲はこのオフにポスティングシステムでのメジャー移籍を目指している。現地は12月2日から労使に関わる全ての活動が止まるロックアウトに突入しており先行きは不透明な状況だが、新たな勲章を手にした。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」