ブラックフライデーの購入先 Amazonや楽天を抑えた1位の店は?

ITメディア

購入カテゴリーは食品・日用雑貨・衣類など生活必需品が目立つ

購入カテゴリーのトップ3は「食品・飲料(日常使い)」「衣類」「消耗品・日用雑貨」の生活必需品だった。特に「食品・飲料(日常使い)」は、どの年代においても、半数を超える結果となった。

利用者からは、「イオン店舗では、カップラーメンが半額だった」(30代男性)、「ヨークベニマルで、食品詰め合わせを購入」(30代女性)、「au Pay マーケットで飲料水が定価の4割引きだった」(40代女性)といったコメントが寄せられた。

最後に、22年の「ブラックフライデーセール」の利用意欲について尋ねた。その結果、81.4%が「利用したい」と回答した。今年利用した人(44.8%)を倍近く上回っており、消費者の期待や関心の高さがうかがえる結果となった。

一方、不便や残念に感じたこととして、「タイムセールの人混みが気になって仕方なかった」「レジで15分以上待たされた」といった実店舗での体験談や、「サイトが込み合ってログインできず、ログインしたら品切れ」「事前にエントリーしていないとポイントアップしないことに後から気づいて損した」など、オンラインショップでの不満の声が挙がった。

同社は「消費者にスムーズな買い物体験を提供するため、工夫できる点がまだありそうだ」と指摘する。

調査はインターネットにて、12月6~7日に実施した。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走