ブラックフライデーの購入先 Amazonや楽天を抑えた1位の店は?

ITメディア
ブラックフライデーの購入先は?
ブラックフライデーの購入先は?

ビジネスコンサルティングサービスを展開するソフトブレーン・フィールド(東京都港区)が、全国のモニター会員3009人を対象に「ブラックフライデーセールの利用状況」についてアンケートを実施した。その結果、ブラックフライデー利用者の約4割が「イオン(実店舗)」で購入していたことが分かった。

まず、「ブラックフライデーセール2021」の利用状況を尋ねたところ、44.8%が「利用した」と回答した。

年代別で見ると、30代以下の利用者は、「セールを行っていたので利用した」(22.0%)よりも、「事前にセール情報を確認して利用した」(29.1%)という意見が多くなった。買い物前に対象商品や、お得に購入するための情報を収集して購入していることがうかがえる。

「購入商品の総額」は、「5000円未満」(38.0%)がトップで、「5000~1万円未満」(22.2%)とあわせると、約6割が「1万円未満」(60.2%)という結果だった。

また「3万円以上」購入した人の割合が大きい年代は、30代以下(16.9%)と、40代以下(16.0%)だった。

購入先を年代別に見ると、30代以下のトップは「Amazon」(39.7%)で、全年代で比較しても、利用した人の割合が最も大きかった。次いで「イオン(実店舗)」(31.4%)、「楽天」(28.6%)と続いた。

40代、50代、60代以上の回答でも上位3つの購入先は変わらなかったものの、「イオン(実店舗)」がトップで、いずれの年代でも利用者が3割を超える結果となった。

この理由について同社は、イオンは2016年からブラックフライデーセールを実施していることを挙げたうえで、「オンライン開催や、店舗で使えるアプリクーポンの発行などのキャンペーン結果によるもの」と指摘。同業の「イトーヨーカドー(実店舗)」を利用した人の割合を大きく上回る結果となった。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」