歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

コンセプトは〝歌う兼高かおる〟 中森明菜、15枚目のシングル『ジプシー・クイーン』

zakzak
「ジプシー・クイーン」
「ジプシー・クイーン」

中森明菜の15枚目となるシングル『ジプシー・クイーン』=写真=の発売は1986年5月26日だったが、楽曲制作は前作だった『DESIRE―情熱―』と同時に進行した。当時を作詞家の松本一起は振り返る。

「明菜ちゃんの作品は作品選びがすさまじかったと思います。彼女の場合は僕の手元に来たときはすでに候補曲がオケになっていましたが。おそらく他にも候補曲があって、複数の作家に依頼されていたのではないでしょうか。ですから、曲を依頼されるというよりコンペに出す感じでした」

とはいえ、松本はすでに明菜の作品では『SAND BEIGE―砂漠へ―』のカップリング曲『椿姫ジュリアーナ』(作曲・佐藤隆)を手がけていたので、ボーカリストとしての明菜の才能や魅力は十分に分かっていた。それだけに詞のテーマなどは瞬時にひらめいた。

「まず、最初に頭に浮かんだのが『輪廻(りんね)転生』でした。『今の時代では結ばれない、かなわない愛だけど、この先いつか違う時代でまた出会って愛を成就できれば…』という内容の詞を考えたのです。明菜ちゃんでしか表現できないと思っていました。おそらくワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の制作担当者も、僕と同じように感じたのではないでしょうか」

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  3. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病