3季ぶりの大学日本一へ!!明大ラグビー、昨季準決勝で完敗の天理大と18日激突

サンスポ
明大・飯沼蓮 =2019年12月1日、秩父宮ラグビー場
明大・飯沼蓮 =2019年12月1日、秩父宮ラグビー場

関東大学ラグビーの強豪明大(対抗戦3位)は18日の全国大学選手権4回戦で、昨季大学王者の天理大(関西3位)と花園ラグビー場で対戦する。14日は東京・世田谷区の八幡山グラウンドで約1時間調整した。

帝京大、早大に連敗して対抗戦を終えた主将のSH飯沼蓮(4年)は「意味のある負けだと思う。大学選手権でリベンジできる」と目をぎらつかせた。

3季ぶりの大学日本一へ、最初に立ちはだかるのが天理大だ。昨季の準決勝は15―41で敗戦。優勝候補筆頭とされていたものの、テンポの速い攻撃に振り回されて防御が崩壊した。先発した飯沼も「完敗だった」と振り返る。

過去2シーズンは対抗戦を制しながら大学の頂点に届かなかった。それだけに、飯沼は「勝ち続けると、どうしても隙が出てくる。見つめ直す時間が大事」と3位通過を前向きに捉える。天理大に雪辱を果たせば、26日の準々決勝は宿敵早大と再戦。まずはディフェンディングチャンピオンをノックアウトする。(阿部慎)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」