大橋会長、ドネアかカシメロ戦実現しなければSバンタム級転級も/ボクシング

サンスポ
アラン・ディパエンに8回TKO勝ちした井上尚弥(左)=両国国技館
アラン・ディパエンに8回TKO勝ちした井上尚弥(左)=両国国技館

プロボクシング・WBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ(14日、東京・両国国技館)統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が、挑戦者でIBF同級5位のアラン・ディパエン(30)に8回TKO勝ち。WBAは6度目、IBFは4度目の防衛にそれぞれ成功した。

大橋ジムの大橋秀行会長は井上尚の今後の対戦相手について、2019年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で判定勝ちした現WBC世界同級王者ノニト・ドネア、WBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(ともにフィリピン)を挙げた上で、「もしこじれて試合が実現できなければ、スーパーバンタム級へいくことも考えている」と見通しを語った。

ドネアは11日(日本時間12日)、暫定王者レイマート・ガバリョ(25)=フィリピン=に4回2分59秒KO勝ち。王座を統一した。カシメロは同日に5度目の防衛戦(暫定王座の防衛回数を含む)に臨む予定だったが、体調不良を理由に前日計量に出席せず、試合は中止となった。陣営はカシメロがウイルス性胃炎でドバイの病院に入院したと主張しているが、WBOは命令に従わなかったり、医学的な根拠を示せなかった場合は、王座を剝奪するとしている。

  1. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  3. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病