ソフトバンク・柳田が2年連続6度目ベストナイン「恥じないプレーを」

サンスポ
ソフトバンク・柳田
ソフトバンク・柳田

セ、パ両リーグは14日、記者投票による2021年度のベストナインを発表した。ソフトバンク・柳田悠岐外野手(33)が2年連続6度目の受賞。球団を通じてコメントした。

「目標にしていた賞の1つですので、本当にうれしく思います。投票いただいたみなさんに感謝です。今季は自身としては納得できる成績ではなかったですが、この賞に選ばれたことで、何とか仕事はできたのかなと思っています。来季もこの賞に恥じないプレーを続けていきたいです」

今季は141試合に出場して打率・300、28本塁打、80打点。打線の中心として奮起したが、チームは4位に沈んだ。「納得できる成績ではなかった」とはいったものの打点王の楽天・島内(96打点)、最多安打のロッテ・荻野(169安打)を抑えての受賞となった。