トヨタ、EV投資4兆円 世界販売350万台に 脱炭素化へ目標引き上げ 30車種、欧州勢猛追

産経ニュース
トヨタ自動車のロゴ(AP)
トヨタ自動車のロゴ(AP)

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台としていた従来目標を1・75倍に大幅に引き上げた。EVに4兆円規模の投資を行う。脱炭素化に向けて経営資源を最大限投入し、EV分野で先行する欧州勢を猛追する。

EVの車種を拡充し、30年までに30車種を展開する。25年までに15車種を投入するとしていたこれまでの計画から倍増させた。EV専用ブランド「bZ」などで幅広い車種を展開する。

東京都内で記者会見した豊田章男社長は「(温室効果ガス排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルを実現するための)車の選択肢を広げる」と述べた。