中日の京田が6400万円で更改 打撃不振、300万円減

産経ニュース
中日・京田陽太=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
中日・京田陽太=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

プロ野球中日の京田陽太内野手(27)が14日、名古屋市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円減の6400万円でサインした。打撃不振から2軍落ちも経験した今季はともに自己最少の113試合、105安打にとどまり、「来年は全試合出場を目指して頑張りたい。盗塁数にこだわっていく」と巻き返しを誓った。

8月にはチームメートの木下雄介さんが死去。京田は「一番仲良くしていた先輩だったので、野球どころではなかった」と気持ちの整理はできなかったが、9月の追悼試合では気迫の適時二塁打を放った。木下さんの実家を訪れる予定で「今年の報告をして、会話してこられたら」と話した。(金額は推定)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」