井上尚弥と対戦のディパエンは自信 KO率約79%「俺はモンスターハンターだ」/ボクシング

サンスポ
計量を終え、ポーズをとるチャンピオンの井上尚弥(左)と挑戦者のアラン・ディパエン=横浜市の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(撮影・荒木孝雄)
計量を終え、ポーズをとるチャンピオンの井上尚弥(左)と挑戦者のアラン・ディパエン=横浜市の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(撮影・荒木孝雄)

プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ(14日、東京・両国国技館)の前日計量が13日、横浜市内のホテルで行われた。統一王者の井上尚弥(28)=大橋=はリミットの53・5キロで、挑戦者でWBA10位、IBF5位のアラン・ディパエン(30)=タイ=は53・3キロで、ともに1回でパスした。

KO率約79%を誇るディパエンは「KOで勝つ。絶対に世界王者になる。俺はモンスターハンターだ」と強気だった。強豪との対戦経験がなく、実力は未知数。11月28日に来日し、横浜市内の隔離先ホテルの1フロアを貸し切って調整し、12日に2週間の隔離期間を終えた。「誰が強いかはリングの中で分かる」と自信満々だった。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」