マンション業界の秘密

「平成大バブル」の水準超え、東京の物件価格が高騰している本当のワケ 分厚くなった富裕層が「ぜいたく」味わうため熱心に購入

zakzak

こういった現象は、都心に限られたこと。郊外エリアでは大して価格は上がっていない。なぜなら、郊外には「住むため」に買う実需層がほとんどだからだ。

サラリーマンの平均所得はこの20年、横ばいか微減。その間、消費税や公共料金が上がったので、可処分所得は低下している。

ただ、金融緩和や住宅ローン減税によって物件は多少買いやすくなったが、それでも所得が追い付かない。だから郊外の新築市場は首都圏でも近畿圏でも死屍累々。かなりのレベルで売れていない。

こういった傾向に拍車をかけたのが、この2年間のコロナ禍である。都心で高額マンションを購入しているような富裕層は、この2年間ほとんど彼らの特権である「ぜいたく」を味わえなかった。

豪勢な海外旅行は不可能。国内でのグルメ三昧もダメ。それで、彼らはどうしたのか。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?