マンション業界の秘密

「平成大バブル」の水準超え、東京の物件価格が高騰している本当のワケ 分厚くなった富裕層が「ぜいたく」味わうため熱心に購入

zakzak
行き場を失った富裕層のカネが都心の不動産に流れ込んだ
行き場を失った富裕層のカネが都心の不動産に流れ込んだ

東京のマンション価格高騰が止まらない。とうとう平成大バブルの水準を超えてしまった。それで、さすがに世間では「おかしい」と考える人が多くなった。各ニュースメディアはそのことを取り上げ始めている。

ネットを見ていると、さまざまな専門家がその理由について解説している。それぞれに興味深いが、的を射たものは見当たらない。みな、考えあぐねているのだろう。

私も先日、ある情報番組に呼ばれてそのことについて答えてきた。私の考えは極めてシンプル。それは「高くなっても買う人がいるから」というものだ。

東京には、2億円や3億円のマンションをキャッシュで買えるような富裕層がたくさんいる。彼らが高くなったマンションを購入しているのだ。

新築価格が上がると、中古もそれに釣られて引き上げられる。だから都心のマンション価格は全体的に高騰している。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」