地元産野菜のイタリアン、高校生がメニュー考案 埼玉

産経ニュース
地元産のカボチャや小松菜を食材に用いた「カルツォーネ」(埼玉県立八潮南高提供)
地元産のカボチャや小松菜を食材に用いた「カルツォーネ」(埼玉県立八潮南高提供)

埼玉県立八潮南高(八潮市)商業科の3年生13人が地元産の野菜を使ったイタリア料理を考案し、市内のイタリアンレストラン「イル・チェッポ」で提供されることになった。

生徒たちが考えた料理はイタリアを代表するデザートに枝豆を合わせた「ずんだティラミス」と、カボチャや小松菜をピザ生地に包む「カルツォーネ」。それぞれ12月下旬と1月に店のメニューに加わる。

料理の考案は、八潮青年会議所から「一緒に八潮の魅力を伝えよう」と提案されたことをきっかけに、課題研究授業として10月から取り組んできた。メニューにしてもらうために店側へ示す企画書の作成にも取り組んだといい、内田来夢(らむ)さん(18)は「どうやったら相手にうまく伝えることができるかを学べた」と振り返る。

今月6日、レシピに沿って作った料理を店の担当者が試食して「合格」と判定、メニューに加わることが正式に決まった。

生徒たちは、写真共有アプリ「インスタグラム」に料理の写真を投稿するなどして新メニューのPRを図っている。戸室更紗(とむろ・さらさ)さん(18)は「高校生が作ったメニューと伝えたい」と意気込んだ。(兼松康)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」