3度目の箱根にエースの誓い 日体大・藤本珠輝「攻めの走りで区間4位以内で走りたい」

サンスポ
日体大エースの藤本
日体大エースの藤本

来年1月2、3日に行われる「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路107・5キロ、復路109・6キロ)」に向け、今年10月の予選会で3位に入り、74回連続で出場権を獲得した日体大が13日、横浜市の健志台キャンパスで取材に応じた。エースの藤本珠輝(3年)はチームのシード獲得のため、区間4位以内を目標に掲げた。

日体大メンバー
日体大メンバー

準備は整った。藤本は自身3度目の箱根路へ、自信をみなぎらせた。

「3度目の箱根は、エースとして攻めの走りをしたい。どこを走っても、区間4位以内で走りたい」。エントリーした16選手中、箱根を経験したのは藤本を含む4人のみ。1年時は5区を任されて16位と辛酸をなめたが、前回は1区に起用され8位。16、8と来たからには4位以内が目標だ。

小5から毛が抜けはじめ、全身脱毛症と今でも向き合う。生えては抜けてを繰り返すが、今年5月には髪が生え始め、ウイッグをつけて走る必要がなくなった。「準備に10分はかかる。それがないだけで心を落ち着かせられる。このタイミングはうれしい」と笑みを浮かべた。

7月に右足の疲労骨折、9月に右アキレス腱(けん)の炎症と故障に見舞われたが、ここにきてけがも完治。満を持して3度目の戦いに挑む。(角かずみ)

藤本珠輝(ふじもと・たまき) 2001(平成13)年1月14日生まれ、20歳。兵庫県出身。中1から陸上を始め、陵南中から西脇工高を経て日体大。箱根駅伝で1年時は5区を走り区間16位、2年時の前回は1区で区間8位。1万メートルの自己ベストは今年4月に出した28分8秒58。165センチ、54キロ。

日体大・玉城良二監督 「2区が終わったところで5番ぐらいにいないと厳しい。去年(度)より選手の力の差がないので、持ちこたえてくれると思う」

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び