中国恒大が上場来最安値 香港市場、下落率一時4%

産経ニュース
中国・深圳の中国恒大集団本社=9月(ロイター)
中国・深圳の中国恒大集団本社=9月(ロイター)

香港証券取引所で13日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団株の終値が前週末比2・82%安の1・72香港ドルとなり、2009年11月の上場以来、最安値を更新した。下落率は一時4%近くに達した。

恒大のトップ、許家印主席が担保として差し出していた同社株が強制売却され、許氏の持ち株比率が下がったと伝えられたことで、売りが広がったとみられる。

恒大株の終値は6日が1・81香港ドル、8日は1・73香港ドルと最安値を更新していた。(共同)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び