菅田将暉主演フジ月9「ミステリと言う勿れ」に白石麻衣出演! 悲しい運命を迎える謎の美女を熱演「難しい役でした」

iza
犬堂愛珠(いぬどう・あんじゅ)役を演じる白石麻衣 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン
犬堂愛珠(いぬどう・あんじゅ)役を演じる白石麻衣 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

俳優の菅田将暉が主演を務め、来年1月10日に放送が始まるフジテレビの月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」に、元乃木坂46で女優の白石麻衣がセミレギュラーキャストとして出演することが13日、同局から発表された。白石は、とある事件に巻き込まる謎の美女、犬堂愛珠(いぬどう・あんじゅ)役を演じる。

天然パーマがトレードマークの久能整(くのう・ととのう、菅田)が淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー「ミステリと言う勿れ」。原作は累計発行部数1300万部突破の超人気コミックで、熱狂的な原作ファンも多い作品だ。

白石演じる愛珠は、とある事件に巻き込まれ、被害者になってしまうという悲しい運命を迎える謎の美女。とにかく美しい女性で、病弱な一面があり、少し謎めいたキャラクターだという。物語の行方を左右する重要な存在で、たまたま乗り合わせた路線バスでの姿を最後に消息を絶ち、その後、とある事件の標的になってしまう。物語はそこでは終わらず、ドラマの後半では、誰も知らなかった彼女の悲しい過去と知られざる思いが明らかになっていく。

犬堂愛珠役を演じる白石麻衣 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン
犬堂愛珠役を演じる白石麻衣 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

白石の月9出演は「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(2018年)以来の3年ぶり。乃木坂46卒業後は初めての月9出演となる。


愛珠については、「病弱で、家族にすごくかわいがられて育ったようです。でも、彼女なりに思うことをたくさん持っていて…体は弱いのですが、気の強さも持ち合わせています。ですので、感情のアップダウンが激しく、難しい役でした」と説明。監督やスタッフたちと話し合いながら、役を作っていったと振り返り、「『ミステリと言う勿れ』の映像化を楽しみになさっていらっしゃる方がたくさんいると思います。毎話ごとに起きる事件を整がどう解決するか? その解決の方法が興味深く、とても面白く進んでいきます。整の話には、励みになるような言葉もたくさん含まれていると思いますので、ぜひ楽しんでご覧ください!」と作品をPRした。

ドラマにはこのほか、伊藤沙莉、尾上松也、鈴木浩介、筒井道隆、遠藤憲一らが出演する。



  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表