キンプリ永瀬、主演映画イベントで東京タワー初訪問「スカートの中を見ているみたい」

サンスポ
映画「真夜中乙女戦争」の完成披露イベントに臨む(左から)俳優の柄本佑、King&Princeの永瀬廉、女優の池田エライザ=東京都港区の東京タワー(撮影・佐藤徳昭)
映画「真夜中乙女戦争」の完成披露イベントに臨む(左から)俳優の柄本佑、King&Princeの永瀬廉、女優の池田エライザ=東京都港区の東京タワー(撮影・佐藤徳昭)

King&Princeの永瀬廉(22)が13日、東京・芝公園の東京タワーで行われた主演映画「真夜中乙女戦争」(二宮健監督、来年1月21日公開)の完成披露イベントに登壇した。

ライトアップされたタワーの真下に設けられたステージに共演の池田エライザ(25)、柄本佑(34)と立つと、永瀬は「東京タワーに来るの初めてなんです。階段で登ってみたくなったし、スカートの中を見ているような…」と言って、まじまじと上を見上げた。

柄本も「鉄骨のフォルムが美しい。この作品には東京タワーがガツーンと出てきますからね」とキービジュアルであることを明かした。

同作は無気力な日々を送る青年(永瀬)がりりしく聡明(そうめい)な先輩(池田)と謎の男、黒服(柄本)と出会うことで、東京破壊計画に着手する姿を描く。

永瀬の演技について柄本は「人生に諦めた目が非常に印象的だった。死んだ魚の目です。あと、彼にはまわりを緊張させない魅力がある」と絶賛。

永瀬も「2人が僕のテンションに合わせてくれるので、姉貴(池田)と兄貴(柄本)に囲まれながら楽しくできました」と2人に感謝した。池田も「撮影の合間は〝おとぼけ3きょうだい〟みたいにわちゃわちゃ話していました」と笑顔で振り返った。