2022年に取りたい資格 3位は「宅地建物取引士」、2位と1位は?

ITメディア
「2022年に取りたい資格」について調査を実施した(画像はイメージ)
「2022年に取りたい資格」について調査を実施した(画像はイメージ)

資格情報の紹介メディアを運営するメディアエクシード(東京都新宿区)は、資格の取得を目指している20~50代の男女を対象に、「2022年に取りたい資格」について調査を実施した。22年に取りたい資格は何か聞いたところ、1位は「日商簿記検定」(79人)だった。

2位は「FP技能士」(68人)、3位は「宅地建物取引士」(18人)、4位は「ITパスポート」(17人)、5位は「Microsoft Office Specialist」(16人)だった。

「日商簿記検定」と「FP技能士」を回答した人が特に多く、3位以下と大きな差をつけランクインした。国家資格である「宅地建物取引士」や「行政書士」などもランクインした。また、英語スキルやPCに関連するスキルの証明になる資格も挙げられた。

「日商簿記検定」を選んだ人に理由を聞いたところ、「小中企業から大企業まで経理の仕事に生かすことができるため、転職に有利だと考えたから」(20代会社員女性)、「決算書をもっと詳しく読めるようになりたいため」(30代会社員男性)などの声があった。

「FP技能士」を選んだ人に理由を聞くと、「家計管理をしているうちに、将来の資金計画などに使える知識を得たいと考えるようになったから」(30代主婦)、「3級を取ったので2級ぐらいまで取って、転職に少しでも有利になったらいいと思うから」(20代パート女性)という意見が聞かれた。

どちらの資格も「就職や転職が有利になるから」「日常生活で役に立つから」という理由で選ぶ人が多かった。

■学習方法は?

学習中もしくは検討中の学習方法は何か聞いた。最も多かったのは「独学」で67.5%、次いで「通信講座」が27.5%、「専門学校」または「予備校(通学制)」が合わせて5.0%だった。

試験の難易度の低い資格は「独学」で、難易度の高い資格は「通信講座」や「専門学校」を利用して学習していることが分かった。

今回の調査は、資格の取得を目指している20~50代の男女を対象に、インターネットで行った。期間は11月20~23日、有効回答数は538人(女性333人/男性205人)。

関連記事
  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明