阪神・小野寺、故郷・奈良で同郷大先輩のDeNA・三浦監督らと野球教室

サンスポ
野球教室で子供たちに指導する阪神・小野寺暖=奈良県広陵町(撮影・甘利慈)
野球教室で子供たちに指導する阪神・小野寺暖=奈良県広陵町(撮影・甘利慈)

阪神・小野寺暖外野手(23)が12日、奈良・広陵町の広陵中学校で行われた「プロ野球・奈良県人会」の野球教室に参加した。奈良県内の約90人の野球少年、少女らに身ぶり手ぶりで打撃指導。ティー打撃でプロのスイング(?)を披露すると「すごい」と歓声があがった。この後、質疑応答などのイベントで親交を深めた。

小野寺は奈良市出身。2年目の今季、育成から支配下登録され、優勝争いを演じたシーズン終盤にスタメン出場も果たした。1軍では34試合に出場して打率・179、1本塁打、2打点。ウエスタン・リーグで首位打者となった。

野球教室には奈良県出身のDeNA・三浦監督やヤクルト・西浦、阪神やロッテなどで活躍し、現在は独立リーグ、兵庫ブレイバーズに所属する久保、元阪神の関本健太郎氏(現野球評論家)が参加した。