心筋梗塞 血液でリスク予測

生活習慣を変えるキッカケに 心筋梗塞・脳卒中のリスク分類

ZAKZAK
心筋梗塞・脳卒中のリスク分類
心筋梗塞・脳卒中のリスク分類
その他の写真を見る (1/2枚)

日本人の死因順位は心疾患が第2位、脳血管疾患が第4位で、この2つを合わせた死亡者数は、死因第1位のがんにほぼ相当する。

「心筋梗塞や脳卒中は突然発症することが多く、死に至る確率も大きい。一命を取りとめても要介護状態になり、不自由な生活を強いられる人も多い。心筋梗塞などの発症リスクについて自分は低リスクなのか、高リスクなのかを知れば、その後の人生はがらりと変わるはずです」

カリスマ保健師の清家勝代さんはそう話す。少量の採血で4年以内の心筋梗塞や脳梗塞のリスクを予測するNECグループの「フォーネスビジュアス」という検査が今年から始まり、清家さんら保健師が「コンシェルジュ」として受検者に生活習慣改善のアドバイスをしている。

この検査開始に先立ち、米国の大規模血液検査で発症予測が2016年に発表された。日本人を対象とした血液検査の研究は東北大学病院循環器内科が実施。未来予測に利用できることを示し、大量のタンパク質測定により、心筋梗塞・脳卒中の発症確率について低リスクと高リスクのグループに分けた。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張