「鬼滅の刃」がGoogle検索ランキングに入らなかった理由

ITメディア
20年と21年を比較するため2年分で集計した「Googleトレンド」。青の「鬼滅の刃」は20年の映画公開後に大きなピークがあった
20年と21年を比較するため2年分で集計した「Googleトレンド」。青の「鬼滅の刃」は20年の映画公開後に大きなピークがあった

Google Japanは12月8日、「2021年Google検索ランキング」を発表した。1位は「東京2020オリンピック」、2位は「大谷翔平」、3位は「東京リベンジャーズ」と今年注目を集めたワードが並ぶ。しかし映画の興行収入が国内歴代1位になるなど大きな注目を集めたアニメ「鬼滅の刃」は「映画」カテゴリーにすらランクインしていない。なぜか。

「2021年Google検索ランキング」
「2021年Google検索ランキング」
映画、ドラマ、ゲームのカテゴリー別ランキング。ゲームに「あつ森」も入っていない
映画、ドラマ、ゲームのカテゴリー別ランキング。ゲームに「あつ森」も入っていない

理由はGoogle検索ランキングが「急上昇ランキング」であるからだ。Google Japanによると「急上昇ランキングは、2020年と比較して21年中にGoogleで検索(数)が急上昇したキーワード(のランキング)。今年の話題や流行を反映しやすい」という。

調査の対象期間は2021年の1月1日から11月22日まで。グーグルはこの期間にGoogle検索された数兆に及ぶクエリ(問い合わせ)からスパムや繰り返しを除外した「Googleトレンド」のデータを基にランキングを作成した。

実際にGoogleトレンドで「鬼滅の刃」と東京オリンピックを比較すると「人気度の動向」では鬼滅の刃が圧倒。しかし21年のグラフは角度と高さに差が出た。鬼滅の刃は多く検索されているものの「昨年ほど急上昇していないことが分かる」。一方の東京オリンピックはまるで東京タワーのようなグラフを描いた。確かに「今年を表す瞬間」であるようだ。

関連記事
  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表