11年目の被災地 東日本大震災

受け継がれる〝アロハ〟の絆、笑顔届けるフラガール

産経ニュース

試験を受けたが、一度目は不採用。あきらめきれず、ハワイアンズの運営会社に入り、施設内のレストランで勤務しながら、翌年再挑戦、デビューを果たした。「故郷のために頑張りたい」。フレッシュな笑顔が輝く。

「10年はあっという間」

宮城県富谷市出身の加藤華南(はな)さんは新型コロナウイルス禍で休止中のキャラバンを復活させたい。「震災、コロナ…。大変な状況でもフラダンスで心を安らかにしてほしい」と願う。

「スパリゾートハワイアンズのフラガール」今年デビューした新人ダンサーの加藤華南さん =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)
「スパリゾートハワイアンズのフラガール」今年デビューした新人ダンサーの加藤華南さん =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

今年、ソロダンサーとなって、ハワイアンネームをもらったイオラナ怜奈さん。震災では、いわき市の自宅が半壊した。

「10年はあっという間だった。福島にはまだ思うように復興が進んでいないところもある。そういった方々にも元気を届けたい」

フラガールが被災地から届ける笑顔と絆は途切れることはない。これからの10年も、そして、その先も。

ステージで踊るイオラナ怜奈さん。今年、ソロダンサーになった =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

アニメ映画化も

アニメ映画「フラ・フラダンス」のワンシーン(©BNP,FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ)

フジテレビによる東日本大震災の被災地支援プロジェクトから生まれたアニメーション映画「フラ・フラダンス」(水島精二総監督)も現在、公開中となっている。

スパリゾートハワイアンズを舞台に、5人の新人フラガールたちが、失敗を重ねながらも少しずつ成長していくさまと、その絆を描いた物語だ。

新人フラガールの声を演じた、いわき市出身の俳優、富田望生(みう)さんは「フラガールは小さいころからの憧れ。震災から10年たった故郷で、こんなにも輝いている場所があることをぜひ見てほしい」と語った。(浅上あゆみ)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗