11年目の被災地 東日本大震災

受け継がれる〝アロハ〟の絆、笑顔届けるフラガール

産経ニュース
ステージで踊るキャプテンのラウレア美咲さん =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)
ステージで踊るキャプテンのラウレア美咲さん =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

東日本大震災から、11日で10年9カ月。復興の象徴でもあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)では、震災翌年にフラガールになったラウレア美咲さんが今年1月、第18代のキャプテンに就任した。「先輩ダンサーが築いた絆を受け継いでいきたい」。被災地から笑顔を発信し続ける。

忘れられない光景

震災直後を知る最後のダンサーが引退し、キャプテンに。「節目」とされる震災から10年の年、震災とハワイアンズの記憶をつなぐ役割を担った。

ステージで踊るキャプテンのラウレア美咲さん(中央) =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)
ステージで踊るキャプテンのラウレア美咲さん(中央) =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

美咲さんはいわき市に隣接する茨城県北茨城市出身。幼いころからダンスが大好きで、家族で通っていたハワイアンズでフラガールに憧れた。「目指すなら、本気で」。母の言葉を胸にハワイアンズ近くの高校で演劇コースを専攻、踊りを磨き、夢をかなえた。

平成23年の震災発生当時、高校生だった美咲さんには忘れられない光景がある。北茨城市にやってきたフラガールが見せた踊りと明るい笑顔だ。

震災の影響でハワイアンズが休館、フラガールは踊る場所を奪われた。その年の5~10月、「フラガール全国きずなキャラバン」として、26都府県と海外を含む125カ所で計247公演を実施した。東京電力福島第1原発事故の風評被害にあえぐ福島の復興のため、元気な姿を発信した。

被災して家を失ったフラガールもいた。「それでも先輩はいわきのため、笑顔で踊り続けた。あの時全国を回ってくれたから、今のハワイアンズがある」と美咲さんは話す。

美咲さんも入社後、キャラバンに参加し、大雨被害のあった広島県呉市や岡山県倉敷市などを訪ねた。仮設住宅も回り、コンクリートの上でも踊った。

ラウレアは「平和、幸福、友情」

インタビューに答えるキャプテンのラウレア美咲さん =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

美咲さんの持ち味は表現力。悲しく、つらい被災者を前に、どう踊ればいいか悩んだこともあった。出した答えは、笑顔だった。

「私の方が元気をもらい、人と人との温かいつながりを感じた」。特別なダンサーにのみ許されるハワイアンネーム。「ラウレア」は「平和、幸福、友情」の意味だ。

美咲さんは遠くない将来の引退も見据えている。

「若い子に震災のことを引き継いでいかないといけない。いわきもフラガールも進化していかなければいけないが、変わらず、愛情や思いやりといった意味を持つ『アロハ』の心を皆さんと分かち合いたい」

ステージで踊る片寄綾乃さん。地元いわき市出身で今年、デビューを果たした =福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(鈴木健児撮影)

そんな思いを新人フラガールも受け止めている。

今年、デビューを果たしたいわき市出身の片寄(かたよせ)綾乃さんは「ふるさとを元気にしたい」と話す。

震災当時は小学生。記憶はおぼろげだが、フラガールが被災地を回る様子をテレビで見たことを覚えている。「人を勇気づける仕事がしたい」と、高校でフラダンスを始めた。


  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」