実録・人間劇場

ニュー西成編(6) 2021年の「あいりん地区」物見遊山が増加 〝ゴミ〟の下の住人の嘆き

zakzak
2021年の「あいりん地区」物見遊山が増加
2021年の「あいりん地区」物見遊山が増加
その他の写真を見る (1/2枚)

【実録・人間劇場】ニュー西成編(6)

先日、約半年ぶりに西成のあいりん地区を訪れた。

JR新今宮駅前。北側では、星野リゾートによる建設が進む一方で、南側のあいりん地区の入り口にそびえるあいりん労働福祉センター(通称・センター)は現在閉鎖されている。

このセンターは日雇い労働・寄せ場労働を中心とした職業紹介所である。窓口へ行くと、その日に出ている求人にアクセスすることができ、仕事があればすぐに働くことができる。実際のところは、センター周りをウロつく手配師たちが窓口をすっ飛ばして直接現場に連れて行ってしまうのだが、ハローワークの機能は現在、南海線高架下にある建物に仮移転されている。

しかし、旧センターの役割は職業あっせんだけではなかった。大ピロティになっている構造から、その日仕事に就けなかった者やホームレスたちが過ごす憩いの場になっていた。そのため、センターの閉鎖・解体が決まった際には反対運動が行われ、センターの周りに物を積み上げるなどして閉鎖を阻止しようとする人間であふれ返った。当時、その積み上げられた物に埋もれて過ごすホームレスに話を聞くと、「これはバリケードや!」と言っていた。自分でかき集めてきたのだという。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」