お金は知っている

岸田さん…「脱デフレ」なしに投資回復は無理だ 日本再生の意志薄弱

zakzak

デルタ株、次はオミクロン株と、変異相次ぐ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の脅威のもと、主要国は政府債務増に目もくれず財政支出拡大を続けている。

財政出動による景気の押し上げをいち早く理論化したのは経済学巨頭、J・M・ケインズの「一般理論」である。同著には寓話(ぐうわ)を織り交ぜている。財政当局が古瓶に紙幣をいっぱい詰めて廃坑に埋め、その穴を町のごみくずで地表までふさぎ、民間企業に紙幣を再び掘り起こさせれば、実質所得が増えるというものだ。

国内総生産(GDP)は国内の消費と投資に左右される。廃坑掘り出しは雇用を支える投資であり、取り出した現金は従事者たちに配分されて有効需要(カネの裏付けのある需要)を創出する。

コロナ禍での財政支出の多くは日米欧とも家計や中小・零細企業への現金給付、いわば「バラマキ」であり、廃坑の寓話に通じる。効果はというと、米欧では需要回復が目立つ。対照的に日本では回復力が弱い。

経済協力開発機構(OECD)の12月1日付の経済予測によると、昨年軒並みマイナスに落ち込んだ日米欧の実質経済成長率は、今年は財政拡張に後押しされて米国が5・6%増、ユーロ圏が5・2%増に転じるが、日本は1・8%増にとどまる。日本はバラマキ効果が弱いのだ。

当然、政府債務は膨張するが、10月のインフレ率が6%台に上昇した米国でも実質マイナス金利である。財政破綻リスクを示す国債金利はびくともしない。自国通貨建ての政府債務なら財政破綻しないという現代貨幣理論(MMT)学派を勢いづける。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表