Next Breakers

DeNA・森敬斗 「派手なコーデはしない」けど、球場ではド派手に爆走“ハマのフェラーリ”

サンスポ
イケメン企画 DeNA・森
イケメン企画 DeNA・森
その他の写真を見る (1/8枚)

2022年にブレークが期待されるイケメンアスリートの素顔に迫る新企画「Next Breakers」がスタート。第1回は、プロ野球・DeNAの森敬斗内野手(19)が紙面を飾る。ドラフト1位で昨年入団した、未来の正遊撃手候補。高卒3年目となる来季、球界屈指の快足と強肩を武器に、ハマの一番星へと駆け上がる。(取材構成・浜浦日向、撮影・福島範和)

グレーのパーカに鮮やかなネービーのブルゾンを合わせ、黒のパンツに白スニーカー。19歳の森は〝今風〟の若さあふれるファッションを披露した。

「ストリート系をイメージして、オーバーサイズで体のラインを出さないように。上がダボっと、下はスラっとしていることが多いですが、今日は下もダボっとさせてみました」

端正なマスクは「ジャニーズ系」とも評されるイケメン内野手。「おしゃれは好き。でも、全然服を持っていないので、これからです」とはにかんだ。好きなブランドは「BALENCIAGA」で、バッグを2つ所有。「派手なコーデはしない」が〝森流〟のこだわりだ。

2年目の今季は前半戦終盤に1軍に昇格すると、自慢の俊足や強肩を随所に披露し、大きな可能性を見せた。自己最多の44試合に出場し、打率.194、5打点、4盗塁。後半戦にやや調子を落とし課題も残ったが、1年目の8試合から大きく出場機会を増やし、シーズンを完走したことには大きな価値がある。

50メートル5秒8のスピードが自慢。神奈川・桐蔭学園高の先輩で、ラグビー日本代表FB松島幸太朗(クレルモン)の愛称から「ハマのフェラーリ」の異名を取る。走塁面に長年課題を抱えてきたチームにとって、その快足は大きな武器。今季も全て左中間への打球で3本(練習試合含む)の三塁打を記録するなど、既に走力は球界でもトップクラスにある。

着実にステップアップを続け、3年目となる来季は「遊撃手の開幕スタメンの座をつかみ、1年間レギュラー」「30盗塁以上を目指し盗塁王」と高い目標を掲げる。未来を嘱望されるスピードスターが、横浜の未来を明るく照らす。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走