戦うことは「悪」ですか

拉致被害者救出に自衛隊の活用を! 前進しない最大の原因は「圧力」不足 超法規的にでも救出を目指すべき

zakzak
陸上自衛隊の特殊部隊「特殊作戦群」の隊員たち
陸上自衛隊の特殊部隊「特殊作戦群」の隊員たち
その他の写真を見る (1/3枚)

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が2002年9月、日朝首脳会談で、残虐非道な日本人拉致を認めて謝罪してから、来年で20年になる。ところが、被害者5人と家族が帰国しただけで、横田めぐみさん=拉致当時(13)=をはじめ、多くの被害者の帰国は実現していない。岸田文雄首相は6日の所信表明演説で、「拉致問題は最重要課題。すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、米国をはじめ各国と連携しながら、あらゆるチャンスを逃さず、全力で取り組む」と決意を述べたが、長年解決を妨げてきたものは何なのか。予備役ブルーリボンの会幹事長で、ジャーナリストの葛城奈海氏が核心に迫った。

今週末の10日から16日までは、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」だ。大変残念なことに、02年の被害者5人の帰国以降、拉致問題は一歩も前に進んでいない。日本政府が「北朝鮮による拉致だ」と認定していて、いまだ帰国が実現していない被害者は12人。このほか、警察によって、「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない」とされている行方不明者は873人に上る。これだけ多くの同胞を長い間拉致され続けながら、救出できずにいる理由は何か。

政府は長年、「対話と圧力」と言ってきたが、効果が出ない最大の原因は、「圧力」不足、つまり「拉致被害者を帰国させなければ、タダじゃすまないぞ」と思わせるような威力、すなわち「武威」の欠如だ。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー