政府が大手町の複合ビル売却へ 3千億円規模

産経ニュース
財務省
財務省

財務省は8日、東京・大手町の複合ビル「大手町プレイスイーストタワー」の政府保有分について、売却すると発表した。売却額は3千億円規模に上るとみられ、政府が保有する不動産関連の資産の売却としては過去最大となる見通し。来年3月末までに入札公告を始め、その約10カ月後に引き渡しを予定している。

政府は保有するイーストタワーの事務所部分全てと商業施設などが入るフロアの一部について信託銀行に託しており、賃料を受け取る権利を持つ。イーストタワーはJR東京駅から徒歩10分程度の立地にあり、住友商事の本社などが入居している。

東京都千代田区など都心5区では令和3~4年は、オフィスの供給量が減少する一方、5年には大規模な開発計画による供給増が見込まれており、好市況が望めるこの時期の売却を決めた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表